So-net無料ブログ作成

Sorcerer [とりものちょー(Birding)]

 

 

ミッキーぢゃ~ありません。(ソーサラー繋がりだって誰にもわからんぞ?)

 

 

 

 

バドウォチ@宮島沼(美唄市)in2013の10月上旬です。(いつだって?)

 

 

この橋はもー無いと思われます。

長躯、宮島沼まで行くってのにカワサキさんで赴きました。

 

 

そもそもバッテリー上がりなんて予期せぬ出来事なんで焦りもします[雷]

 

 

それでも代わりの乗り物があるってだけでも良かったかもです[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 

って言う経緯を踏まえると心中穏やかなわきゃ~ありません。

 

 

なんぼ平静を装ってたって動揺しまくってるってんは挙動不審な佇まいからバレバレだったかもです。

 

 

 

 

ただ、どれもこれも全ての責は自分にあるんでしゃーないです[たらーっ(汗)]

 

 

んで泣こーが喚こーが聞いてくれる暇な人なぞ地球上には居ません[iモード](ちょっと木星まで探しに行け?)

 

 

 

 

 

 

とりま、只のお弁当タイムぢゃ~ないってことだけは告っときます[レストラン]

 

 

お値段がとってもお手頃です。

美唄に来たなら是非とも鳥関連の食品は抑えときたいとこです。

 

 

焼き鳥に鳥めしがメインなんですケロ、手軽に味わいたい向きにゃ~鳥めしおにぎりが打って付けです。

 

 

そーゆーのを食しつつバドウォチするなんて、なんて罰当たりなって気もしなくはありません。

 

 

ちょっとドキマギしつつも、肉がたっぷり入ってるってわけでも無いんで許容範囲だとの自己認識です。(量の問題ぢゃねーだろ?)

 

 

んで、個人的に喉を詰まらせ易いタイプなんで、お茶のお伴は欠かせません[喫茶店]

 

 

 

 

 

 

んでんで飯でも食ってりゃ~、天気が持ち直すと思えりゃ~幸せなとこです[次項有]

 

 

エビフリャ~雲

お空の方は依然としてグズグズでした[霧]

 

 

手と手を合わせて擦り合わせよーが土下座しよーが地球的規模で見りゃ~物の数にもならんです。(←おまいの精進が足りないんだ?)

 

 

そもそもネットで雨雲の動きをチェックしちゃえば、時間稼ぎが有効かどーかなんて丸わかりってもんです。

 

 

今以上に荒れもしなさそーだったんで、食事終了と共に灰色の雲の下でもバドウォチ開始です。(渋々なのか?)

 

 

 

 

まず基本的な野鳥たちかrです。

沼面を意識して見ずとも野鳥が居るってのは認識出来ます。

 

 

っつーても立ち入り可能な場所を避けるよーに、最大限の間合いを置いてるってのは野生ならでわってとこです。

 

 

ついでに湿気も過度に満ち満ちてるんで見えないったりゃ~ありゃしません。[霧]

 

 

手持ちの双眼鏡ぢゃ~太刀打ち出来無いって弱音を吐いても、わざわざ出向いて来ちゃってるんで手ぶらで帰るわけにも行きません。(帰っちゃえよ?)

 

 

そこを粘ったところで視認可能な野鳥なんてたかが知れてます[サーチ(調べる)]

 

 

 

 

 

 

なんで、大きいのから目が行っちゃうんは自然の成り行きと言わしてくらさい[次項有]

 

 

群れ飛ぶオオハクチョウ

オオハクチョウ(大白鳥:カモ科)です。

 

 

 

バドウォチにおいて如何なるシチュエーションでも最大と言える程のサイズ感です。

 

 

自分なんて、ちょっと前まで動物園とかどっかから連れて来られた状態でしかお目に掛かれん存在だと思ってました。

 

 

自然の状態で近くまで渡って来てるなんて思っても無かったです。

 

 

しかもほんの少し足を伸ばすだけでいとも容易く見られちゃうわけです。

 

 

 

 

 

 

流石に野良化してたりはしないものの、相当な近所にまで飛来しないこともないって見せ付けられた時もありました[本]

 

 

オオハクチョウでしょーか。

「あの白鳥を追って。(2013-05-22-m)」

 

 

こんなに近くまで来てるんなら顔くらい出してけって注意されそーです。

 

 

かく言う自分も昨季今季と見に行っても無かったりしますケロな。

 

 

 

 

「だって、底冷えしまくるんだもん[雪]って言ったって誰も聞いてません。

 

 

お腹の一つや二つは下さざるを得ない状況に対応する覚悟と装備が必要なのでした。(幾つあれば気が済むんだ?)

 

 

 

 

迫力の着水です。

こんなデカイのが4~5羽もいりゃ~、自分なんて簡単に持ち上げられる飛翔能力を持ってそーです[飛行機]

 

 

体重ん~㎏くらいのペイロードなんて超余裕でしょー。(国交省の認可が下りない?)

 

 

朝飯前の昼食中ってとこでしょーか。(意味不明だ?)

 

 

 

 

っつーても着水時にゃ~、遠慮無しに水面に顔面から叩き付けられそーでもあります[むかっ(怒り)]

 

 

泳ぎが得意とか言う以前の問題をクリアせねばならんとこでしょー。

 

 

 

 

 

 

んで、もちっと小さいのってなると迷うこと無い候補です[次項有]

 

 

植物にゃ~無さ気の斑模様です。

マガン(真雁:カモ科)です。

 

 

めっちゃ結束力の高そーな水鳥です[手(パー)]

 

 

敵に回してはいけないと肝に銘じねばなりません。(何かあったか?)

 

 

何時如何なる時でも団体行動を忘れないのです。

 

 

小さな頃から体で覚えさせられた能力でしょーか[るんるん](リトミックの一環だ?)

 

 

 

 

水墨画ちっくかも。

飛んでる時だってペアは最低条件みたいです。(紐で繋がってるんだろ?)

 

 

微細な雨粒に霞む山野だってはぐれません。(赤外線スコープが標準装備だからな?)

 

 

視界だってまともに利かなさそーなのにです。(GPS機能も付いてるぞ?)

 

 

逆に、コッチから見えてるってことは、アッチからなんて丸見えってことでしょーケロな[目]

 

 

 

 

伸び縮みしてるよーにも見えます。

にしても、マガンの編隊の美しさって抜きん出てます[ぴかぴか(新しい)]

 

 

そのフォーメーションは実に多彩で、しかも滑らかに変形してくわけです。

 

 

時間を忘れて見とれちゃいます。(他にやること無いんか?)

 

 

 

 

んで、これ程までに見事なラインを形成しちゃう野鳥って他にいるもんなんでしょーか。

 

 

短い自分史の中ぢゃ~、候補無しです。(捻り出してみろ?)

 

 

マガモで群れ飛ぶ姿を目撃しても、レベルが違い過ぎってもんでしょー。(←おまいの目が濁ってるだけだ?)

 

 

 

 

 

 

更に、んなことくらいで感心してたら、まだまだだと思い知らされるわけです[次項有]

 

 

蚊柱ぢゃ~ありません。

ちょいと沼から離れて眺めるだけで圧巻を見せ付けられます[ひらめき]

 

 

沼の上空が大渋滞してます[曇り]

 

 

きっと沼辺に立ってるだけぢゃ~気付かんかったでしょー。

 

 

 

 

こんだけいると、次にどの編隊が着水するんかどー決めてるんか気になったりします。(ガンのたれ合いだ?)

 

 

管制機能も無いのに接触すらしないなんて通勤ラッシュからは想像出来ません[電車]

 

 

 

 

フェス?

初見だと、カラスかムクドリだろーって思いたくもなるとこです[たらーっ(汗)]

 

 

全部が全部マガンと言わずとも、大部分は水鳥であろーことが推察されます。(どーしてそんなことが言えるんだ?)

 

 

こんだけ数がいて、ねぐらが確保されてるんかって疑問も生じちゃいます[眠い(睡眠)]

 

 

全羽が宮島沼に下りちゃったなら、沼の魚類なんて息も出来無くなっちゃうでしょー。(それも狙うとこだ?)

 

 

 

 

 

 

最後に、昼食を買いにく時に良いとこ見っけたんで移動します[次項有]

 

 

結構近いです。

田んぼにマガンです[サーチ(調べる)]

 

 

ここでもお馴染みのドバトとかムクドリとかカラスとかにはならないのです。

 

 

刈り取りが終わった田んぼでウヨウヨしまくってます。

 

 

収穫でこぼれ落ちた米粒を啄んでるんでしょーか[有料]

 

 

ぢゃ無けりゃ~水気の無いとこでタムロってる姿なんて見ないでしょー。

 

 

 

 

ただ、ここから先には入れません。

 

 

道路っ端で傍観してるだけでも、マガンの警戒レベルが只ならないってのが伝わります。

 

 

 

 

 

 

ちなみにマガンは電線に止まったりはしません。(言い切れるんか?)

 

 

尻尾に白帯です。

車がビュンビュン走ってく傍らで行動をチェックしちゃえる嬉しさです[車(セダン)]

 

 

その分、野鳥の動きは忙しないです。

 

 

どれを追っ掛けて良いやら、目星すら付けられません。(箱推ししろ?)

 

 

 

 

そこから導き出される結果としては無闇矢鱈にシャッターを切りまくっちゃったわけです[カメラ]

 

 

32GBのSDカードも満たされちゃって余計なことをする余裕なぞ残ってませんでした。(スペアがあるだろ?)

 

 

 

 

 

 

んで、帰宅後もバタンキュってる場合ぢゃ~無くて、仕事が残ってるわけです[雷]

 

 

チャージャー常備です。

じっくり時間を掛けてチャージします[雷]

 

 

車に乗り始めた頃からのバッテリー上げ常習者なんで、チャージャーを手放せません。

 

 

とーぜん、車を所持してた頃はブースターケーブルは常備してました。

 

 

 

 

ココで、振り返ってみると昨季(2014年)は宮島沼に趣いてなかったって事実です。

 

 

薄々感じては居ましたケロ、中長距離拒否症候群っぽかったんは否めんとこです。

 

 

確かに石狩平野から一歩も出て無かったってのは、石狩をこよなく愛するが故ぢゃ~無いってのは語る必要も無いでしょー。

 

 

 

 

単に赤モンスを手放さざるを得なかったってだけだったりするわけです。(なになに?)

 

 

結果論ってとこでもありますケロ、この時バッテリー上がり程度で泣いてるなんて生温まくりだったことを知る由も無かったのです。

 

 

まー、バッテリーの交換なんて幾らでも出来ても、曲面形状のラジエーター交換は手に負えないってことでしょーか[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

詳細についちゃ~後日詳らかにされることも無いと思われるんで、お待ち頂く必要はございません。(どーでも良いわい?)

 

 

 

 

てなわけで、ツーリング編は強制終了になっちゃってたことをココに何気にぶっちゃけときます。(まてまて?)

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 

Sorcerer→魔術師です。

 

 

マイルスは基本だってとこかもですケロ、突き詰めよーとすると底が見えません[サーチ(調べる)](ナイ?)

 

 

誰にでも出来ることぢゃ~ありません。(在庫と価格、送料等は、随時変動してるんは予めご承知置きくらさい。)

 

 

↓ こっちがamazon

 

 

 

Sorcerer

Sorcerer

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SBMK
  • 発売日: 2008/04/29
  • メディア: CD

 

 

 

 

↓ こっちが楽天ブックス 

 

 

 

 

自分的にゃ~どの時代のマイルスもオススメです[るんるん]

 

 

 

*****

 

 

 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 4

miyomiyo

tochiさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2015-02-20 23:26) 

響

もうBSのNHKをみてるような気分です。
わたくしもこんなに野鳥がいたら猫に
浮気なんてしなかったのに。
by (2015-02-24 13:34) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

あまりの迫力に感動もんです。
ハトの集団に出くわした時とは比較になりません。

by miyomiyo (2015-02-25 23:25) 

miyomiyo

げいなうさん、
gunpulunnerさん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2015-02-25 23:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

読者になっても構わん方は、ぽちっとな

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。