So-net無料ブログ作成

ムスカリ・シンポジウム [育てたものむしったもの日誌(Gardening)]

 

 

パネルディスカッションもあるのかな?(いっそのこと、ディスってやろーか?)

 

 

ってお堅いのは抜きだってのは周知徹底済みでしょーか[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

 

 

んで、砂消しとかリューターの先に付いてる物体ではありません[次項有](ボールペンの字は消せる時代だぞ?)

 

 

Muscari armeniacum ' Fantasy Creation '
ヒアシンスぢゃ~ありません。
モップぢゃ~ありません。
触手?
ムスカリ ' ファンタジー・クリエーション '

ムスカリ ' ファンタジー・クリエーション '(ユリ科 Muscari armeniacum ' Fantasy Creation ')です。

 

 

 

ダブルのムスカリです[かわいい][かわいい]

 

 

ブロッコリーの花(アブラナ科)ぢゃ~ありません。

 

 

とてもムスカリだとは受け止められない気持ちを抱いちゃったとしても無理無いとこです。

 

 

これも間違い無くムスカリなのです[ひらめき](←おまいが言うと余計嘘っぽく聞こえる?)

 

 

 

 

弾けちゃってる上にボリュームもタップリしてて見応え十分です[ぴかぴか(新しい)]

 

 

ってこの花をムスカリだと認識してる人限定の話です。

 

 

変にいじけて咲いてるヒアシンス(ユリ科)だと思ってる人の心は動かせません。

 

 

 

 

画像は6月上旬の状態です。

 

 

 

 

分球しまくりです。

どーも活発に分球して殖えてるっぽいです。

 

 

ムスカリって基本的にバルブ1個につき1本の花穂が原則なんで確実な見方でしょー。

 

 

バルブの大小に関わらず1本ってのは間違い無いと思われます。タブン

 

 

地植えって2~3年しか経ってないのにこの勢いの付き方です。

 

 

 

 

何だかもの凄いスピードで殖えてるってのは気のせいでも何でも無いかもです[新幹線]

 

 

 

 

ドライフラワーにも出来るらしー。

よーくよく見ると花弁が究極形態になってるって初めて知ります[サーチ(調べる)]

 

 

花弁とか花びらって言う感じぢゃ~無くなってます。

 

 

シライトソウ(ユリ科)やヒューケラ(ユキノシタ科)みたいに花糸同然になってます。

 

 

花弁が極限まで裂けまくってると解釈すべきでしょー。

 

 

 

 

風通しが悪いんぢゃねーか?

ムスカリ的にゃ~晩生タイプに分類されます。

 

 

んで、その芽出しは異様です[exclamation]

 

 

まるでキノコみたいな現れ方なのです。

 

 

見かけ上、苔を生やしてるっぽい感じまでします。

 

 

 

 

知らなきゃ~蹴り飛ばしてる可能性大です[サッカー]

 

 

とーぜんキノコぢゃ~無いんで、胞子を飛ばしたりはしません。

 

 

どっちにしても粗雑に扱わんといてくらさい。(←おまいがだろ?)

 

 

 

 

①→②→③って展開です。

緑っぽい部分は次第に消失していきます[soon]

 

 

だからっつーて、落ちてくってわけでもありません。

 

 

ここが起点となって花弁を形成してってるよーな雰囲気です[かわいい]

 

 

 

 

肉眼だと、どーゆー形状なんか殆ど見え無い世界ではあります[目](裸眼だからだ?)

 

 

んで、拡大したところで単なる緑の粒々の集まりにしか見え無かったりしてました。

 

 

 

 

ちなみに周りに見えるふつーっぽいムスカリは正しく極々ふつーのムスカリ(ユリ科 Muscari armeniacum)です。

 

 

 

 

ブロッコリーとは違います。

見れば見る程、新種の紫ブロッコリーかと思っちゃいがちなものの、未だ存在しません。タブン(誰も思ってナイわ?)

 

 

兎にも角にもこのボリュームは2倍どころの話ぢゃ~無い膨張っぷりです。

 

 

ちょっとやそっとイースト菌を入れたくらいぢゃ~到達し得ない発酵っぷりです。(やっぱしな?)

 

 

 

 

っつーても何も手を加えてない放置っぷりです。(基本のスタンスだな?)

 

 

環境に適応しちゃうってのは何物にも代え難い頼もしさです。

 

 

 

 

 

 

んで、「他のムスカリはどーなんだ?」っつー話です[次項有](ましゃか駆け足?)

 

 

Muscari azureum

ムスカリ・アズレウム(ユリ科 Muscari azureum)です。

 

 

 

天辺の花色が一段濃い目に出てるとこが特徴的です。

 

 

槍状の花にも目が行っちゃいます。

 

 

葉っぱが厚めってとこも他のムスカリとは違うとこです。

 

 

 

 

んで、満開にまでは到達して無いのが残念です。

 

 

わざわざ開花直前を狙ったわけぢゃ~ありません。

 

 

 

 

画像は5月中旬の状態です。

 

 

 

 

 

 

ちらっと見えてる白いのはコッチです[次項有]

 

 

Muscari botryoides ' Album '

ムスカリ・アルバ(ユリ科 Muscari botryoides ' Album ')です。

 

 

 

極々ふつーのムスカリの白花品種ってわけぢゃ~ありません。

 

 

ムスカリ・ボトリオイデスって青花の白花品種です[ひらめき]

 

 

別系統です。

 

 

青花に偏りがちなムスカリの中で違う色を求めるってのは自然の成り行きでしょー。

 

 

他の色だとピンクとか黄色ってのも存在するものの、そこまで手が及ばない範囲です。

 

 

 

 

っつーか、バリエーション追加する余地なぞどこにも無いってとこでしょー。(植栽に勤しめ?)

 

 

 

 

画像は5月中旬の状態です。

 

 

 

 

 

 

んな年の瀬に春の花を登場させちゃいました。(新春と絡めてるつもりか?)

 

 

外は完全に真っ白の冬景色[雪]なんで、最早コッチは別次元で行くべきなんぢゃ~無いかとまでは考え至ったわけでもありません。

 

 

行き当たりばったりで何となく順番が回ってきただけってとこです。

 

 

 

 

んで、アップが空いちゃったんは少々理由有りです。(言い訳すんな?)

 

 

ダブルのムスカリについての情報が殆ど存在しないってとこで立ち止まっちゃったわけです[TV]

 

 

なんで、微力ながらクドクドと書き込んぢゃったって展開になりました[ペン]

 

 

 

 

 

では良いお年を。(まだアップ出来るだろ?)

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 


nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 8

miyomiyo

nikiさん、
makimakiさん、
neo-kaminewsさん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2014-12-29 21:21) 

miyomiyo

trending-nowさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2014-12-30 22:22) 

miyomiyo

Pckitaさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2014-12-31 21:42) 

miyomiyo

ネオ・アッキーさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2015-01-03 22:56) 

響

薄紫のカリフラワー。
サラダになりそうだね。

あ、遅れましたが今年もよろしくお願いいたします。
by (2015-01-06 14:22) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

茹でても残ってそーな程、色が濃いぃ~です。
なんで、食後にニッとすると歯が紫色になってそーです。

こちらの方こそ宜しくお願いします。

by miyomiyo (2015-01-07 22:47) 

miyomiyo

saiya_hosiさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2015-01-07 22:48) 

miyomiyo

(。・_・。)2kさん、
ligiaさん、

ありがとうございます。

by miyomiyo (2015-01-10 22:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

読者になっても構わん方は、ぽちっとな

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。