So-net無料ブログ作成

春のラチチュード [とりものちょー(Birding)]

 

 

エチュード[るんるん]ぢゃ~ありません。(latitudeです。)

 

 

 

 

[6]月も半ばに入って札幌も暖かさを通り越して暑さまで感じるよーになって来ました[晴れ](暑いとか寒いとかメンドイやっちゃな?)

 

 

んなとこで、まだ積雪状態の画像が出て来る訳ですケロ、底が見え始めたんでご安心くらさい。

 

 

 

 

例え僅かでも暑さ凌ぎになったのなら光栄の至りです[ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

んで、いつの間にかバドウォチがイチバン季節外れ[たらーっ(汗)]のカテゴリーになってまってました。

 

 

一刻も早く季節に近付くべく、今回は[3]月上旬のバドウォチを詰め込み放題でやってみました[ふくろ]

 

 

 

 

 

 

ちなみに、豊平川の橋上でのバドウォチって都市型っつー仮想設定でやってるんですケロ、認識度は低くても想定内ではあります。

 

 

巣蜜ぢゃ~ありません。

序盤の画像において、一羽の野鳥も写って無いって時点で先が見えちゃってるかもです[たらーっ(汗)]

 

 

なんぼ目を皿のよーにしたって見付けられなくて当たり前なのです。(探さないで?)

 

 

写ってないんは、水鳥が水中に潜ってるからではありません。

 

 

もともと写ってないはずです。(念写せんといてくらさい。)

 

 

 

 

「とりま、涼感[雪]をじっくり味わっといてくらさい。」的な画像だと思し召しくらさい。(余計暑くなったぞ?)

 

 

 

 

溶けて下がってます。

ケーキを彷彿とさせる造形が、そこかしこに見え始めたら、春近しのスタンプをもらったよーなもんです。

 

 

雪の層が見えるなんて、ドンドン[雪]ドンドン[雪]積雪[雪]してる時にゃ~見られんもんです。

 

 

んなとこすら軽く覆い隠してしまうんが真冬ってもんです[雪]

 

 

 

 

んで、ジャンジャン雪が降ってよーと、液体にしちゃえば僅かな量にしかなりません。

 

 

ツララ[1]本作るのに一体どんだけ雪の量が必要かご存じでしょーか。

 

 

 

 

って自分で答えを知らんのに、言っちゃいました[たらーっ(汗)](責任持って検証しろ?)

 

 

 

 

 

 

んな時期に見られる野鳥は過渡的な雰囲気たっぷしです。

 

 

マガモです。

マガモ(真鴨:カモ科)です。

 

 

 

 

とっぱじめからマガモが出て来ちゃうわけです[たらーっ(汗)]

 

 

この後が思い遣られるって受け取ってもらっても大丈夫です。

 

 

決して野鳥の種類が豊富になるって意味ぢゃ~無いのでした。

 

 

どっちかっつーと、メンバーチェンジっつーか、懐かしいメンツの再登場的な様相です[ひらめき]

 

 

 

 

にしても春が近くなればなる程、雄マガモのメタリックグリーンが冴え渡ってってる気がしてなりません[ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

3羽家族?

新設橋の工事中だってのに、飛来して来たりする無頓着さです。

 

 

確かに橋桁から下は完工っぽいんで、干渉しないでしょーケロな。

 

 

 

 

ならば、餌がそれなりに確保出来るって線で推測した方が良さ気です[ひらめき]

 

 

周囲は工事の都合で除雪を入念にしてあるんで、他の場所より土や草が露出してるってのはあるかも知れません。

 

 

流石に、深い雪をかき分けてまで草を食したりしないマガモでしょー。タブン

 

 

 

 

水に潜っても雪にゃ~潜らんです。タブン

 

 

 

 

何だかんだ言っても、降雪はデフォのままです。

最近、このポーズが水鳥共通のもんだと気付き始めた自分です。ヤット

 

 

っつーても、頻繁にやってるって訳でもなさそーです。

 

 

みんなで合わせてやったり、鳴子を叩いたりはしませんケロ、カモ類にウ類はやってると踏んでます[るんるん]

 

 

数千羽規模でやってくれりゃ~さぞかし壮観しょー。

 

 

 

 

ちょっと面白い組み合わせです。

んでホオジロガモ(頬白鴨:カモ科)も、この時を最後に見られなくなっちゃいました[end]

 

 

あんだけ毎回見せ付けてくれたんですケロ、今はもー、見られません。

 

 

 

 

んな代わりと言っちゃ~何ですケロ、ハクセキレイ(白鶺鴒:セキレイ科)が舞い戻ってきてました。

 

 

一部でも地面が露わになってるっつーのは、かなりポイントが高いんでしょーか[ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

 

 

んなハクセキレイが、嬉しいことに近付いてきました。

 

 

真上から見るとこーなってるんか~。

欄干の真下辺りまでチョンチョン跳ねつつ、距離を詰めて来てくれました。

 

 

っつーても、スキップとは別もんだと思し召しくらさい。

 

 

 

 

思うに、野鳥の真上からのアングルって、なかなかお目に掛かれないレア画像なんぢゃ~ないでしょーか。

 

 

キツツキ(啄木鳥)ゴジュウカラ(五十雀)ならまだしも、相手はセキレイですぞ[exclamation×2]

 

 

 

 

ってインパクトは、そんなに強くないかもですケロな[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

カワアイサです。(ペンギンぢゃ~ありません。)

カワアイサ(川秋沙:カモ科)の雄鳥です。

 

 

 

 

ペンギン(ペンギン科)ぢゃ~ありません。

 

 

冬鳥らしーものの、一部は北海道のどっかに留まって繁殖してるらしー。

 

 

春が近くなると体が痒くなるんか頻りに足を出してました[サーチ(調べる)](舌を出してなかったか?)

 

 

 

 

男の背中で良い?

繁殖期に備えて、隠れて予行演習ってとこでしょーか[exclamation&question]

 

 

カワアイサのお背中ってのも初めて拝見します。タブン

 

 

何かカッチョ良いもんが垂れ下がってます。(垂直尾翼?)

 

 

 

 

にしても、カワアイサって高身長でスマートなんですな-。(羨ましいぞ!)

 

 

 

 

通年のメンバー。

締めに入っても、ヒヨドリ(ヒヨドリ科)とスズメ(スズメ科)の画像しか出て来ません。

 

 

この時期は、知ってる野鳥ばっかで、いい加減に刺激[雷]が欲しくなってた頃でした。

 

 

などと悠長なことを考えてた頃だったのです。

 

 

春になったら泣きを見る[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]事態になるなどとは思ってもなかったのです。

 

 

 

 

人間って何て好き勝手言い放題で、自分勝手で、自己中心的で、我が儘言い放題なんでしょー[あせあせ(飛び散る汗)](←おまいだけぢゃ?)

 

 

 

 

 

 

っつーても、目を白黒させちゃうんは[4][5]限定で、[6]月の今は平静を取り戻してますケロな。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

読者になっても構わん方は、ぽちっとな

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。