So-net無料ブログ作成

Free Cycle [育てたものむしったもの日誌(Gardening)]

 

 

電チャリの記事ではございません(笑)

 

 

 

 

 

 

「思ったまま、自由に[無料]

 

 

って言われちゃうと、却って自由っつー言葉に束縛されちゃう気がするです[たらーっ(汗)]

 

 

んな風に思って、自ら制約を感じてちゃ~意味無いです。

 

 

自由っつーもんを自由自在に考えんといかん事態と言えるです。

 

 

 

 

んな時に自分は、自由という無限ループから変幻自在の余り脱線しちゃいたくなって堪らんくなるです。(どこに行くんぢゃ?)

 

 

 

 

 

 

んな前置きとは関係無く、世間一般の興味から大きく掛け離れてるであろー今回の植物です[かわいい]

 

 

Cyclamen cilicium
シクラメン・キリキウム
シクラメン・シリシアム
咲いてますなー。

シクラメン・キリキウム(シクラメン・シリシアム:サクラソウ科 Cyclamen cilicium)です。

 

 

 

原種のシクラメンです。(オンリーワンで構わん境地です。)

 

 

んな学名は、原生地に由来するよーです。

 

 

キリキア(シリシア:Cilicia)っつーのは、トルコ南部にある地域の名前だそーです。

 

 

にしてもトルコって国は原種シクラメンがそこら辺に生えてそーなパラダイスに見えてしゃーないです[リゾート](←それが羨ましいんは、おまいくらいぢゃ。)

 

 

 

 

画像は、(2011年)[1][1]月中旬の状態です。(もはや、何も隠さんです。)

 

 

 

 

 

 

アーカイブは、有りです[本]

 

 

いわゆるクリスマスツリー模様

「天空~からメリークリスマス(2010-12-26-m)」

 

 

っつーても、この時は白花タイプだったんで、今回のマゼンタカラーは初出株な雰囲気です[NEW]

 

 

結構な昔から育ててる記憶なんですケロ。

 

 

またまた、原種の続投で文章作成に行き詰まってたに違いありません。

 

 

なんでボツ画を、くまなく探せば出て来る可能性はあるです[サーチ(調べる)]

 

 

 

 

っつーても、ボツ画蔵の永久凍土の地中深くに埋もれてるんは間違いありません。

 

 

 

 

どこをどー絞っても、やる気も、やる理由も出て来んです。

 

 

 

 

原種なんで、花のサイズはこんなもんです。
うな垂れてるんぢゃ~ありません。
力が抜けたんぢゃ~ありません。

キリキウムの耐寒性は強の評判だとは言え、ヘデ(C.hederifolium)やコウム(C.coum)、プルプラ(C.purpurascens)に比べちゃ~いかんみたいです[ひらめき](どこの評判ぢゃ?)

 

 

かくの如き表現ぢゃ~どこら辺まで大丈夫なんか、加減がわからんくて困惑しちゃうです。

 

 

 

 

困惑して、あたふたしてても何の解決にもならんので、自分なりに対策を練らんと行かんのは言うまでもありません。

 

 

 

 

リスク分散とか言って半分アウトドア[雪]で半分インドア[家]だとか、一か八かで全部雪の下で冬眠させちゃう[雪]んも、分の悪さを予感したです。

 

 

なんで、まとめて全部インドアで越冬中です[家]

 

 

 

 

無難な策を選んだと言えるんかは、春になれば自ずと結果が出るでしょー。(汗)

 

 

 

 

縦列状態
jojoにばらけて~。
どーなっちゃうんだ?
んなに熱くならんでもいいです。

にしても、撮影[カメラ]してから[4]ヶ月も経過しちゃうと、記憶がどこかに消え失せちゃうこと頻りです。

 

 

特に香り[いい気分(温泉)]の記憶なんて、どこをどー探しても出て来んです。

 

 

振っても叩いても出て来んどころか、んなことしたら余計に健忘が進んぢゃうです[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

そもそも記述出来たところで、イメージの再現が出来るかどーかは、限りなく怪し過ぎるっつーもんでしょー。

 

 

 

 

特に自分のよーな拙い表現ぢゃ~伝わるもんも伝わらんはずです[あせあせ(飛び散る汗)](←おまい、わかってやっとるんか?) 

 

 

 

 

外に外にと伸びてきます。
黒ポぢゃ~ありません。
葉っぱが環状に並んでます。

様々な部位がサイクル(cycle)やサークル(circle)を連想させるシクラメンです[満月]

 

 

んなところが、シクラメン(Cyclamen)の語源になってるらしーです[ひらめき]

 

 

 

 

を描くよーに地面からツボミを上げる様やら、結実時に花茎をコイル状に巻く様やら、葉っぱを上から見ると環状に並んでる様ってのもあるやも知れんです。

 

 

更にゃ~、バルブが球状だからっつー説もあるです。(そもそもバルブっつーくらいだから球状に決まってる?)

 

 

原種のバルブは地面から出さずに完全に埋めちゃうんが基本なんで、見えんのが残念です。

 

 

 

 

ちょっぴし雌しべの先が見えてます。
イー!ってやってるんぢゃ~ありません。
無風状態です。

更に語源はっつーと、花型が風車[台風]みたいに回りそーだからかも知れんです。

 

 

花の口が丸い[新月]ところも有りやも知れんです。(五角形?)

 

 

んな色々と考えちゃわずにゃ~おられんよーなところから、今回のタイトルを付けちゃってます。

 

 

 

 

思索を巡らすっつー程のもんぢゃ~無いんは、恥ずくて言えんです[あせあせ(飛び散る汗)](笑)

 

 

 

 

最初は、「Free Cyclamen」で進めてたんですケロ、何かの団体と誤認されちゃい兼ねんと思ったです。

 

 

 

 

って「今さら何ゆーとるんぢゃい。」くらいの突っ込み、、、、はご遠慮くらさい (・_・)(._.)

 

 

 

 

 

 

んな自由気ままさに振り回されまくって、足掻きまくってる自分でした。(充分脱線しまくっとる?)

 

 

 

 

 

 

って、パクリ元はストレートにこの名盤です。(在庫と価格、送料は、随時変動してるんは悪しからずご承知置きくらさい。)

 

 

最早、自分なんぞの説明は邪魔でしかないでしょー。(逃げてるだけ?)

 

 

↓ こっちがamazon(送料無料)

 

 

Free Jazz

Free Jazz

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 2010/12/15
  • 価格: 934 円

 

 

 

 

↓ こっちが楽天ブックス(送料無料)

 

 

 

 

 

 

何かジャケットデザインが微妙に異なってます。

 

 

価格の違いは、国内盤/輸入盤の違いとバージョンの違いだと考えた方が良さ気です。(説明不要?)

 

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 4

Atwight

こんばんは。
文章表現や写真がとても上手で、いつも楽しみにしています。
シクラメン、冬に花をつける花ですね。
昔、正月明けに買ってきたことを思い出しました。
アレ、今はどこに行ったっけ・・・

ではでは~。
by Atwight (2012-03-07 21:02) 

miyomiyo

Atwightさん、ありがとうございます。

至らぬ文章、拙い写真なのに恐縮です。
シクラメンも原種になると少々異なる振る舞いをしちゃうのが不思議なところです。
また植物に関しての知識なぞ意識せずに、浅く楽しんでもらえれば本望です。
これからもよろしくです (・_・)(._.)

by miyomiyo (2012-03-08 19:43) 

miyomiyo

マチャさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2012-03-11 22:11) 

miyomiyo

SORIさん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2012-03-12 19:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

読者になっても構わん方は、ぽちっとな

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。