So-net無料ブログ作成
検索選択

フリンヂにエッヂング [├ 育てたものむしったもの日誌(園芸)]

 

 

皆さん、「ツーリップの花びらの縁ってどーなってるでしょー?」って訊かれて、直ぐさま絵に描けるでしょーか?(いきなし皆さんと来たか?)

 

 

 

 

自分にゃ~描けません、無理です。(なら偉そーに訊くな?)

 

 

 

 

ここでもしかすると、「おまいの描きたかったラインはこーゆーのだろー[ペン]って口走っちゃうしといるやも知れんです。

 

 

と言って、手元にあった紙の余白に、たまたま持っていたコンテでサクッと直感的に描いちゃうみたいな。

 

 

それは、あたかもキャベツに付いた甲虫を踏み潰す[くつ]かのよーに、鮮やかで手慣れた所作でもあった。

 

 

 

 

みたいなシチュエーションは金輪際有り得んでしょー[たらーっ(汗)](うなされるし。)

 

 

 

 

んで、ぷには雷神の息吹にも見えるラインを、目にも留まらぬ早さで描いたのだった[眼鏡](もーイイ?)

 

 

 

 

 

 

長く意味不明だった前置きはともかく、花弁の縁にご注目くらさい[ひらめき]

 

 

Tulipa ' Otomezakura '
フリンジです。
チューリップ ' 乙女桜 '

チューリップ ' 乙女桜 ' (ユリ科 Tulipa ' Otomezakura ')です。

 

 

 

フリンヂ咲き(Fringed)のツーリップです。

 

 

束になってた房をバラかしたよーな造形っつーか、花弁の縁がギザギザ[ー(長音記号1)]になってるんがポイントです。

 

 

フリンジ咲きツーリップのギザは、全般的に規則性の無いピッチ(間隔、マージン)だと思し召しくらさい。

 

 

 

 

っつーても、紙を無造作に手で破いたかのよーな味気無さぢゃ~ありません。

 

 

ふんだんにキレイさ感じられるとこが遺伝子レベルで創り出されてる美っつーもんでしょーか。

 

 

 

 

ちなみに普段はスラッとしてる花弁にギザが出たからっつーて、葉っぱにもギザが出ると思わんでくらさい。

 

 

葉っぱのスラは不変で、連動しません。

 

 

 

 

画像は[5]月中旬の状態です。

 

 

 

 

Tulipa ' Louvre '
チューリップ ' ルーブル '
何色と言うべきでしょーか。

チューリップ ' ルーブル ' (ユリ科 Tulipa ' Louvre ')です。

 

 

 

花色は極限まで紫色に近くなってるんぢゃ~ないでしょーか。

 

 

こっちはフリンヂに鋭さと深みを増しまくってます[ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

決して、つけまつげを盛りまくってるんぢゃ~ありません[目]

 

 

んなに付けちゃったら、まぶたが重たくなり過ぎて目を開けてらんないでしょー。(逆に開きっ放しかも?)

 

 

っつーても、ツーリップの品種改良の最先端においては、もっともっと派手に盛りまくりたいに違いありません。

 

 

 

 

ギザりまくってます。
上下両ギザです。

一見すると、単調なギザかと思いきや、侮り難い造形でもあるです。

 

 

この品種ぢゃ~、上向き[グッド(上向き矢印)]だけぢゃ~なくって、地面方向(下向き[バッド(下向き矢印)])にもギザり出てるのでした。

 

 

二次元ぢゃ~なくって、三次元的にギザってるのです。

 

 

 

 

まるで鋸挽きが、ド下手な自分が材木を切った跡[ー(長音記号1)]を思わせます。(汗)

 

 

 

 

っつーても、今となっては、そーそー各家庭にゃ~ノコギリは寝むっとらんでしょー。

 

 

っつー自分も昨年(2011年)、しさしぶりに樹木の幹を切るのと太根を切るのにノコギリ挽いて手首が痛くなったです。(修行不足?)

 

 

 

 

Tulipa ' Sensual Touch '
チューリップ ' センシャル・タッチ '
ダブルのフリンジ咲きです。

チューリップ ' センシャル・タッチ ' (ユリ科 Tulipa ' Sensual Touch ')です。 

 

 

 

ダブルのフリンヂ咲きっつーパターンになります[かわいい][かわいい]

 

 

ゴーヂャス感が[2]倍以上アップしてるんぢゃ~ないでしょーか。

 

 

 

 

っつーても、ダブルの割にゃ~、内部に雄しべも残ってたりするんで、一体どこが花弁化して枚数が増えたんかが謎っちーです[exclamation&question]

 

 

 

 

花色のオレンジが、これまた鮮やかです[ぴかぴか(新しい)]

 

 

晴れた日にゃ~、一層以上輝いて見えるツーリップです[晴れ]

 

 

ぜしぜしツーリップは、日光[晴れ]が燦々と[晴れ]降り注ぐ[晴れ]中での[晴れ]ご鑑賞を強くオススメするです。

 

 

 

 

派手にギザってるでしょー。
黄色の一本線です。

フリンヂがここまで不規則なお陰で、とってもお得にゴーヂャス感を味わえてるんぢゃないでしょーか。

 

 

これほどまでにギザが折り重なってても、ひつこい感じが全くしません。

 

 

嫌みも全く感じられんので、将来の品種改良に思わず期待を寄せちゃう自分です[ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

んで、ここまで近寄って、観察してみて、やっと黄色い絞りに見えたラインはセンターの花脈だったことに気付いたりします[サーチ(調べる)]

 

 

どーしてここだけ透明っぽく黄色くなってるんか不思議ですケロ、そーなっちゃったみたい的なもんでしょーか。

 

 

花弁によっちゃ~[2]本線になってたりもするです。

 

 

ユリ科っぽい平行脈の特徴が、花弁でも出まくってると解釈してみるです。

 

 

 

 

Tulipa ' Crispion Sweet '
チューリップ ' クリスピオン・スウィート '
絞りが入りまくりです。

チューリップ ' クリスピオン・スウィート ' (ユリ科 Tulipa ' Crispion Sweet ')です。

 

 

 

ピンク色っつーより、赤色に近い花色フリンヂ&絞り咲きツーリップです[ひらめき]

 

 

この品種まで来ちゃうと、花弁の表にも裏にも絞り入りです。

 

 

やっぱりっつーか、基本、センターの花脈っぽい部分に主に入ってるものの、他の部分にも絞りが入り込もーとしてる積極さを感じます。

 

 

 

 

決して、脂身がたっぷし入ってる豚のバラ肉を連想しちゃ~いかんです[たらーっ(汗)]

 

 

 

 

更にゃ~、合成のカニ肉でもありません[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

 

 

 

 

どっち向いて咲いてるんだか。
波頭が風に飛ばされてるみたいです。

ぶっちゃけ、この品種が自分的に今年(2012年)のベスト・ツーリップです。(←おまいの意見なぞ聞く耳持たん?)

 

 

色、造形共に言うことありません[ぴかぴか(新しい)](←おまいに何がわかる?) 

 

 

 

 

んでんで、今さら言うまでもないかもですケロ、今回はフリンヂ咲きツーリップの大特集でした。

 

 

っつーても片手に余る品種しか入って無いんは諸方面に限りがあるゆえ、予めご承知置きくらさい。

 

 

 

 

にしても、続編があるとは意外だったかもです。

 

 

逞しく咲いてます。

「今年はバーチャ予想(2012-06-18-m)」

 

 

そもそも、今回のが本編で、前回のはスピンアウト的立ち位置なんを白状しとくです。

 

 

前回のは、伏線でも何でもなかったのです。

 

 

ただ本人は、面白がってたよーに見えたやも知れんとこでしょー。

 

 

まだまだ幼いとこが残ってると恥じ入るばかりです[あせあせ(飛び散る汗)](←うそつけー。)

 

 

 

 

 

 

んで、全景も後々、自分振り返る時に困らぬよーに、乗っけとくです。

 

 

新顔ばっか?

んで、更なる続編があるかどーかについちゃ~お答えし兼ねるんを申し上げておくです。(画像からして、バレバレだろー。)

 

 

っつーか、編集上のシミツなんはナイショでも何でも無いでしょー。

 

  

どっちにしても、天敵の出方次第だったりするんはナイショです。ッテソコ?

 

 

 

 

っつーたら、鋭意制作中なんが公然のシミツになっちゃうかもです。

 

 

 

 

って「ツーリップ三連発ぢゃ~なくって、他のは無いんか?」っつー突っ込みに対してもお答え出来んのは言わずもがなです[眠い(睡眠)]

 

 

 

 

 

 

アップ時のお楽しみっつーことでヨロです[時計](んな感情なんぞ湧いて来ナイ?)

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 7

響

たしかに描くのメンドそうだ。
しかし炎みたいで綺麗だね。
by (2012-06-23 20:42) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

繰り返すよーですケロ、自分ぢゃ~絶対無理です。
電光石火の如く描けるとしたら驚きです。

by miyomiyo (2012-06-24 21:02) 

hoshizou

チューリップ

ギザ カワユス・・・・・・・・   

関係者には使い古されたコメントでしょうが、今の野草レベルの私には
コレが精一杯でございます。
by hoshizou (2012-06-26 09:53) 

ちか

ギザギザしているツーリップ初めてみました!
乙女桜の色合いすごく好きです。
miyomiyoさんのブログにある花々はみんな美しいですね。
写真をとっているmiyomiyoさんのセンスですね。
私も写真の撮り方勉強します!

by ちか (2012-06-26 14:28) 

miyomiyo

hoshizouさん、ありがとうございます。

ギガントヤバス・・・・。(違う?)

しょこたんもhoshizouさんに覚えてもらえるなんて感激してるはずです。
マミタスさまの瞳孔も最大開度でしょー。

by miyomiyo (2012-06-26 20:02) 

miyomiyo

チロさん、ありがとうございます。

え(?_?)、、、、どーしたのー(@@;)
大丈夫なんか心配になって来ちゃいましたよ。マジデ
っつーても花の美しさがわかってるってことはギリギリなとこでしょーか。(乙女だから当然?)
ちなみに自分にセンスはありません。
画像は自然と心が映し出されるものだとの認識です。
なんで、欺瞞に満ちた自分の心が、チロにはバレバレだと思うと恥ずかしい限りです。(汗)

by miyomiyo (2012-06-26 20:09) 

miyomiyo

今造ROWINGTEAMさん、ありがとうございます。
 
by miyomiyo (2012-06-26 20:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
読者になっても構わん方は、ぽちっとな