So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

帯びらせ帯らせ招福開運 [├ 育てたものむしったもの日誌(園芸)]

今更ですケロ、明けましておめでとうございます[晴れ]
 
明けない年は無いって言うくらいなもんです。(聞いたことないぞ?)
 
1月も半分以上過ぎちゃったところからの遅アップで失礼します。(常に遅れ気味だよな?)
 
自分とこは松もしめ縄も鏡餅も初詣もお節もお年玉も貰えないんで正月っぽいことが何も起きません。
 
なのにテレビを付けるとやたらお正月気分を煽るのばっかなんで仮想現実なんぢゃ無いかって思っちゃうくらいです[TV](ドッキリだ?)
 
って過ごし方なんで正月ボケとか正月気分が抜けてないとか言うもんに憧れちゃう実在しないかも知れない自分です。
 
とは言え昨年(2017年)くらいからリアル生活で福袋を買い始めたりしてるんでちょびっとだけ新年っぽさに触れてます。(充実ってのには程遠いな?)
 
 
んな新年のために温存させてたネタではないものの、ちょっと使えるかなって気がしての起用です。
 
今回のテーマは、しめ縄とか水引ならぬ帯化(たいか)です。
 
石化(せっか、いしか)とか綴化(てっか)とも呼ばれ、英語だとFasciationです。
 
自分的にはリボン化とも呼んでます。
 
 
 
正月っぽく派手なのから入ります[次項有]
 
DSD_8673q90.jpg
ヒメサユリ(姫小百合:ユリ科)です[かわいい] 
 
一箇所だけ花が固まって咲いてるよーな異様に目立つとこを見付けます。
 
こげな花は、少なくとも自分とこぢゃ2つとありません。
 
そんな幾つもあっちゃったらウィルスかと勘違いしちゃってビビりまくらねばなりません。(ヴァイラスと呼べ?)
 
んである意味固まっちゃってて、束になってる以上の存在感で目立ってたりするわけです[ぴかぴか(新しい)]
 
花柄が一緒になってるって言うか別々に分化出来なかったって結果形です。
 
電源ケーブルみたいに茎2本が被覆部分で繋がっちゃってます。
 
んな先はコンセントになってるわけもなく、花が弾けたみたいに咲いてます[かわいい]
 
そこは自分が想像した以上になってました。
 
画像は6月上旬の状態です。
 
 
DSD_8677q90.jpg
2輪なら単純に2倍のパーツのはずなのにやけにパーツ数が多いのです。(予備パーツだろ?)
 
手っ取り早く見極めようと雌しべを数えて見ると3つ入ってんぢゃありませんか。
 
ってことは3輪が纏まっちゃって咲いちゃってるわけです[かわいい][かわいい][かわいい]
 
よーくよく見ると帯化した2輪の間から更なる1輪が頭を出しちゃってました。
 
この時に茎を切ってみれば間の一本がどー入ってたんか確かめられたかもなものの、咲いてるんで放置しちゃいました。
 
 
DSD_8681q90.jpg
兎に角、数える気にならないくらい花弁が乱立してます[ひらめき]
 
単純に考えれば花3つ分が1つになってるんでノーマル数の3倍が集まってるって気持ちで落ち着いちゃえば大したことありません。
 
なんで、花被片=3×6、雄しべ=3×6、雌しべ=3×1ってとこでしょーか。
 
ぶっちゃけ、パーツの配置がユリ科のダブルと同様で不規則でカオス状態です。
 
 
 
んな茎は花から結構離れた下の方から帯び始めてました[次項有]
 
DSD_8683q90.jpg
茎が2本合体してる割には葉っぱは何事もなかったよーな配置で付いてて平然を装ってます。
 
しかもふつーに花柄を出してもいます。
 
あらを探せば同じような高さのところで葉っぱを3枚出しちゃってるってとこでしょーか。
 
折角なんでもっともっとやんちゃして欲しかったです[るんるん](姫小百合はおしとやかなんだ?)
 
 
DSD_8664.jpg
基本的な姿も出しときます。
 
でなきゃ自分でもどこがどー凄いんかわかんなくなっちゃいそーです。
 
おそらくもっと丁寧かつ丹念に見ていくとこの先もっと未知との邂逅が待ってそーな気さえしてきちゃいます[サーチ(調べる)]
  
それを自力で見極められるかなんて分かったもんぢゃありません。
 
きっと色んなもんに見えて惑わされ、勝手に舞い上がったり目をクルクル回したりしてる未来しか見えないです。
 
 
DSE_1701q90.jpg
キキョウ(桔梗:キキョウ科)です。
 
これも帯ってます。
 
こっちは見た目通り2輪がくっ付いて咲いてます[かわいい][かわいい]
 
花の基部が良い感じの楕円形になってます。
 
各々のパーツがキチンと2倍になってるのを整然と確認出来ます。
 
見たとこ茎の部分であれば別々に割いてしまえそーなものの、花の部分だとどーだか怪し気です。
 
ぴったり接合してるって言うかがっつり癒合してそーです。
 
こっちも同様なもんが2つとなかったんで分解して確かめられんかったです。(非破壊で検査してみろ?)
 
何年か前に育ててたカレンジュラ(キク科)だとなんぼでも見られたんでその時に確かめまくれば良かったと今にして思うです。
 
画像は8月中旬の状態です。
 
 
DSE_1720q90.jpg
キキョウでも基本的な形態を出しときます[ひらめき]
 
ここで帯化とダブル化と何がちゃうねん?って疑問にぶつかっちゃうかもです。
 
単に見る側の都合だけかもってとこですケロ、帯化って言うのは合体してるもんかなって思ってます。
 
これがダブルってなるともともと花弁があるところで更に他のパーツが花弁に変化してるってもんかと思ってます[ぴかぴか(新しい)]
 
雄しべや雌しべが花弁化しちゃうってのがよくあるパターンかと思われます。
 
 
DSE_1722q90.jpg
んなとこで、花弁が4つだと何になるかって疑問が生じちゃうかもです[手(パー)]
 
キキョウなら5つが基本ではあるものの、ブレもあるって心の片隅に置いといてくらさい。
 
変異って言う程でも無くてそーゆーのもあるって程度の位置付けでしょーか。
 
±幾つかって程度なら種類によって出現率の差はあれども、あるあるなんで驚くことはありません。(捏造して無いか?)
 
4弁とか6弁の桜の花だってままま見受けられます。(データを示せ?)
 
 
 
んで、こーゆーのも帯化の延長線に入れるでしょーか[次項有]
 
DSD_8081q90.jpg
名も無きふつーのチューリップ(ユリ科)です。
 
花柄と葉っぱが花被片もろともくっ付いてます。
 
まるで水かきが付いてるみたいです。
 
ツボミも内側が緑ぐんでます。
 
こーゆー現象がままあるかどーかは言及出来ないものの、自分的には初見です[NEW]
 
雑草むしりしてたらそのお茶目な姿を見付けてしまいました[サーチ(調べる)]
 
そもそもチューリップがツボミを曲げて出てるわきゃないのです。
 
グイグイ真っ直ぐにツボミを伸ばすパターンしか持ってないはずなのです。
 
くの字に曲げて変化から入って来るんはシクラメン(サクラソウ科)のお箱ってもんです。(漢字が違ってるぞ?)
 
 
んでこのまま放置しとくとどーなるかって予想をしちゃうのです。
 
葉っぱの繋ぎパワーが強いか花柄の伸びるパワーが強いかって綱引きです。
 
サプライズを期待すると下向きに花が咲いてくれた方がお誂え向きです[ぴかぴか(新しい)]
 
画像は5月上旬の状態です。
 
 
 
 
んな13日後です[次項有]
 
IMG_4230q90.jpg
葉っぱの葉脈が垂直方向なのに対してツボミは水平方向に開いてこうとしてたんで力比べをしたら先行きは見えてたってもんです[手(グー)]
 
裂けるチーズと似たよーなもんかもです。
 
とりま無事に花が咲いて良かったってとこです。(本心ぢゃねーってバレバレだ?)
 
後から見た人は花茎が結構ささくれ立ってるんで些細な事件があったかもって気付く人も居ないでしょー。
 
ムスカリ(アヤメ科)にしか証言能力は無さそーです。(話を聞いてみろ?)
 
画像は5月中旬の状態です。
 
 
 
んな帯化って普段見る機会が無いって決め付けちゃいけません。
 
トサカケイトウ(ヒユ科)は典型だし、サボテン(サボテン科)でも屏風みたいになってるんを見たことないでしょーか。
 
生花店だとセッカヤナギ(石化柳:ヤナギ科)ってのもよく見かけます。
 
イチゴ(バラ科)の実でもゴツゴツさせて横長になってるんは帯化もんらしーです。
 
種類によっては帯化って形態を品種的に固定しちゃってるってとこが素晴らしいです[ぴかぴか(新しい)]
 
 
 
今回は年末に画像ソフトが新しくなってしまったんで今までと同様のことがどこまで可能なんか時間を掛けて試してみました。
 
先はまだまだ長そーです[時計]
 
ついでに画像を説明するのに文字を盛り沢山に入れちゃったんで余計に手間取っちゃいました。
 
それでまたJPEG変換すると文字が潰れたりして何度も行ったり来たりしちゃいました。
 
 
あーしよーこーしよーって言う構想を何にも考えて無かったところで迷走して何処にも行き着かないうちに成り行き的にアップしちゃったって向き多めです。(いつもぢゃねーか?)
 
 
 
ことよろで宜しくお願いするです[猫]
 
 
ではでは。

 

*****

 

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -
読者になっても構わん方は、ぽちっとな